新規で宿泊事業を開設する方に絶対おススメのホームページ制作方法!

近年の日本を観光する外国人客数の増加に伴い、日本の観光業は大きな産業になりつつあります。
それに伴い、今まで観光業に携わった事のない方が新規で宿泊事業を始められるケースも多いです。
そこでよく困るのがホームページの制作。近年はスマートフォンやネット回線の発達によってインターネットでの情報発信がお客様の集客には必須の条件になっています。しかし、まだまだネット知識ゼロの素人には一から自分でHPを作るにはハードルが高いのも事実。
実際に私も地方で様々な観光事業者様と面談する中でネットスキルに悩みを抱えている方も多いです。
お悩みの事業者さんとやり取りする中で、私が発見した一押しのHP作成方法を今回は紹介します!

対象の方

サーバーやドメインなど基本的なネットの知識のある方。まったくゼロの方は正直しんどいかもしれません。
(※但し、後で口述しますがIne-tabiではホームページ制作業務も行っているのでご依頼頂ければ制作可能です)

ホームページ制作手段はどれくらいある?

近年のデジタル化によりホームページを制作する方法がかなり増えました。
仮に個人でHPを1から作成しようとした場合、難易度は簡単な順から言うと大きく分けて下記の3種類あります。

①HTML・CSS・Javadiscript・PHPなどのプログラミング言語を使用して一から作る(難易度100%)

→これは残念ながら専門知識が無いとできません。そしてその知識を身に着けるには、専門学校やオンラインスクールで相当の時間をかけて学ぶ必要があります。仕事としてやっていこうと思っている方は良いですが、自分のサイトを作るためだけに時間をお金を使うにはもったないのでおススメしません。

WIXGoope、WordPress、Google Sites、Jimdoなどのホームページ制作ツールを使用(難易度30-70%)※1番おススメ!

→自分でプログラミングを学ばずにホームページを作る方法があります。それがCMS(Contents Management System)と呼ばれるホームページ制作ツールです。このCMS最大の特徴はプログラミング言語不要で設計されているので自分の載せたい文章や画像を指定された場所に入力していくだけでホームページが完成されるという点です。これは素人にはめちゃくちゃ助かりますよね!実はこのCMSを提供している会社は星の数ほどあります。そしてCMSの操作性は会社によって大きく異なります。その違いはどこにあるにでしょうか?

端的に言うと、どの程度自由度が高いのか?という事です。下記表をご覧ください。

自由度が高いCMS自由度は低いCMS
難易度70%30%
メリット自分の求めているイメージに近いサイトが出来る設定や入力が簡単にできて素人でも楽ちん!
プログラミング言語は不要
デメリット自分で設定していくことが多い(=プログラミング言語の能力がある程度必要)ある程度、他と似ているような定形のサイトができる。
該当する作成ツールWordPress  etcGoope Google Sites Wix etc

→自分の趣味でちょっとサイトを作ってみたいけどお金をかけたくない!程度の方であれGoope、Google Sites、Wixなどは自分で気軽に制作できますし、無料版でも作成可能です。但し、サイト上にその会社の宣伝文章が流れたりするのでご注意下さい。有料版にすると消せます。自分の趣味のブログとかであればこれで十分ですが、事業として行っていくサイトではおススメしません。
何故なら、ホームページの見え方があなたの宿の集客・収益力を大きく左右するから!
これからの時代、ホームページはあなたのお店の顔なんです!ここは初期投資がかかってもあまりケチるべきではありません。
そういう方におススメなのが「Wordpress」です!後で詳しく解説します!

③ホームページ制作会社に依頼する(難易度0%)

これはもう自分の労力はゼロです。一番簡単で自分の思い通りのサイトが作れますが、一番お金がかかります。
こだわったサイトで勝負したい!という方にはおススメです。
※但し、会社にもよりますが30万~50万程度のお金がかかるので予算が無い方には少々しんどいかもしれません。
そして、もう一つ気になるのが作った後の話です。自分で何も作成していないからやり方がまったく分からないんです。
そうなると、文章や画像の変更したい時には大概別途費用が発生してしまうことになります。
依頼するのは簡単ですが、後の事も良く考えて契約することが重要です!

結論、ワードプレスという選択!

難易度は少し高めですが、それでもおススメしたいのがWordpress(ワードプレス)です。これは世界で使用されている最もメジャーなサイト制作ツールです。プログラミング言語を一から書く必要が無いのである程度ネットの知識がある方なら使用できます。世界の70%のサイトがワードプレスで作られていると言われています。これは重要です!
何故か?今までの先人達の知識が蓄積されてきているから。ようは困った事があればネットで検索すれば大抵出てくるってことです!

〇ワードプレスの種類

ワードプレスが誰でも簡単にテーマと呼ばれるデザインを作ることができます。無料版と有料版があります。
ある程度機能が充実したサイトにしたい場合は有料版がおススメです。

〇宿泊事業者向けの有料テーマ”KADAN”

今回長々と説明してきて一番伝えたかったこと!それは、宿泊事業者様向けの有料Wordpressテーマ”KADAN”です。
これはTCDと呼ばれる有料のワードプレステーマを制作している会社によって作られたテーマです。
TCDは各業種別に特化した有料テーマを販売している会社です。
中でもKADANは元々宿向けに特化して作られているので、必要な画像や文章を入力していくだけで簡単に宿のホームページが完成するんです。しかも、オシャレ!!!
私が実際このKADANというテーマを使用してHPの制作をお手伝いしたお宿さんのホームページをご紹介します。

「海辺の宿 かもめ」様(https://ine-kamome.com/

ご覧頂ければわかるのですが、KADANは、和風サイトに必要不可欠な縦書きはもちろん横書きが絶妙なバランスで成立しており、和風サイトを素晴らしくキレイに万能に仕上げてくれます。 さらにトップページではコンテンツビルダーを搭載し、和風テイストのコンテンツのレイアウトもいくつかのタイプから選べるので、サイトの内容やテイストにあわせて変化できる汎用性の高さも魅力です。その他にもブログ、お知らせ(カスタム投稿)、プラン(カスタム投稿)のいずれかをスライド形式でトップページに表示させることのできるトピックス機能やフッタースライダー、フッター右下に設置された「予約ボタン」などお客様の誘導や下層ページへの誘導も万全です。

ちなみにこちらのお宿は、コロナ禍でも順調に稼働しています。
上手く情報をお客様に伝えられれば、集客も安心してできるんです。
ちなみに私はプログラミング言語は一切できません。

価格・購入方法

価格および購入方法についてご説明します。
商品名/ワードプレステーマ「KADAN」(tcd056)
料金/22,800(税込)
料金に含まれるもの/WordPressテーマ 一式、ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集)
支払い方法/クレジットカード・PayPal・銀行振込の3タイプの決済が可能です。

ワードプレステーマ「KADAN」(tcd056)購入はこちら

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

誰でも簡単に作れるWordPressテーマ「THE THOR」

今ご覧のこのホームページ、実はネット知識ゼロの素人でも簡単に作成できるんです。それは人気のワードプレステーマ「THE THOR]を利用しているから。誰でも簡単に始められるこのテーマを使ってあなたも情報発信してみませんか?自分の”好き”を発信することでオンライン販売や広告収入などの副業にもなります。興味のある方は「詳細ページ」を是非ご覧ください!

CTR IMG